マンション

 

サービスアパートメントは1ヶ月の短期から借りることのできる、ホテルのようなサービスをもつ家具付きタイプの賃貸物件です。
短期から借りることの出来る物件といえば、ウィークリー・マンスリーマンションを思い浮かべる方もいらっしゃいますが違いは何でしょうか?
また、ホテルとの違いはどのような点にあるのでしょうか?今回はサービスアパートメントとの違いをお伝えしていきます!

 

★ウィークリー・マンスリーマンションとの違いは?

ウィークリー・マンスリーマンションとサービスアパートメントの基本サービスは、短期で借りることのできる家具付き賃貸物件で同じです。
違いの一つは、ウィークリー・マンスリーマンションのほうがより短期の申し込みに対応可能な場合が多い点です。
また最大の違いは、サービスアパートメントではホテルのようなフロントサービスや備え付けの家具のランクが高くハイグレードなマンスリーマンションである点にあります。

 

★ホテルとの違いは?

ホテルとの違いは、一室あたりの家賃で計算するため友人とのルームシェアや家族で滞在する際にはお得である点や、友人を招くことも容易な点です。
また、部屋は洗濯機やキッチンなど普通の生活を営むための設備があるので自身でこなすことも、サービスを活用して済ますことも可能です。
ホテルでは様々な方が短期で利用するため、不特定多数の出入りがありますが、サービスアパートメントでは入居者以外の出入りがほとんど無いためセキュリティーの面も安心と言えます。

 

★サービスアパートメントの基本サービスとは?

サービスアパートメントとは、2週間から1ヶ月ほどの短期で利用することができる短期賃貸物件です。
部屋はワンルームから3LDKのものまで様々ですが、広い作りになっていることが多く、家具や家電、食器やアメニティーなどの生活必需品が揃っているので、入居者はトランク1つで生活可能な空間を提供します。
フロントサービスやバイリンガルスタッフによるコンシェルジュなどハイクオリティなサービスも特徴の一つです。

 

★長期ホテルで過ごすなら

ホテル並みのサービスでありながら、ハイクオリティな空間を自宅のように使えるサービスアパートメントは長期出張者や旅行者に嬉しいサービスと言えます。
ウィークリーマンションのサービスアパートメントは検索機能の充実したここで探すのが便利です。
長期でどこかに滞在する予定があるなら、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?