スーツを着た男性

 

サービスアパートメントとは、簡単に言ってしまえば高級はウイークリーマンションです。
ホテル並みのサービスや、ラグジュアリーな雰囲気でエグゼクティブなビジネスマンなどからの需要が絶えません。
通常の賃貸とは違い、短い期間での契約が可能なサービスアパートメントですが、実際はどのくらいの期間で入居することができるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

★借りられる期間は?

サービスアパートメントの入居可能期間は、たいてい1ヶ月から1年と書かれており、1ヶ月を超えると日単位で契約することができ、無駄がありません。
サービスアパートメントによっては2週間から入居可能な物件もあります。
また、基本的に1年を超すようですと通常物件を選んだほうが毎月の負担は減りますが、同じ物件にもう4年も住んでらっしゃる方もいますので、不動産会社との契約によるところが大きいといえるでしょう。

 

★頭金は必要?

サービスアパートメントによって入居に必要な手続きは変わってきます。
頭金を入金後契約成立となる場合が多いです。
また、3ヶ月以上で1ヶ月分のデポジットが必要であるサービスアパートメントもありますが、デポジットは退去時に問題がなければ返却されます。
頭金の代わりにクレジットカードの提示や、仮決済を求めるサービスアパートメントもあります。

 

★継続は可能?

最初に申告した予定が変わり、延長を希望するときの手続きはどうするのでしょうか?
たいていのサービスアパートメントでは2週間前までに変更を伝えることが必要となります。
ただし、その部屋に次の入居者が決まっている場合には変更が難しい場合もあり、その際には部屋や施設を移動こともありますので、変更になりそうな場合はなるべく早い段階でスタッフに相談することをおすすめします。

 

★お好みの期間をお過ごしください

ホテルのようなサービスと自宅のようなくつろぎを兼ね備えた注目の物件、サービスアパートメントの利用可能期間についてお伝えしました。
最短期間も延長期間も、サービスアパートメントによって様々ですので必ず確認が必要です。
1ヶ月から1年といった大まかな期間は決まっていますが、臨機応変な対応が可能なサービスアパートメントも多くまずは相談してみることをおすすめします。