コンパクトな対面式L型キッチン 施工例

 

ハイクオリティーなサービスや、ラグジュアリーな家具・家電が備え付けられており高い満足度を得られるサービスアパートメントは、近年日本でもその存在感を増しています。
1ヶ月ほどの短期からの入居が可能でビジネスマンや、長期旅行の際にも便利な物件ですが、生活していく過程で、家具・家電が破損してしまう事態がないとは限りません。
その際はどのような保証などがあるのかみていきましょう。

 

★入居の際にはチェックを

通常の賃貸物件でもそうですが、入居時にはスタッフとともに現状を確認します。
その際に、入居時点での破損箇所を一緒に確認し、お互い合意の上で書類を作成します。
これ以降の破損は入居者の責任となりますので、注意が必要ですね。
チェックポイントは、家電はすべて正しく稼働するかや、家具のキズ、天井やクロスのシミや、床にキズが付いていないかなどになります。

 

★入居中に家具や家電が壊れたら?

入居中に家具や家電が破損してしまったら、まずフロントに申し出ましょう。
軽微なものであれば、補修スタッフが整備します。
それでは追いつかない大きな破損や、買い替えが必要な場合には入居者にも負担金がある場合があります。
経年劣化などを考慮し全額とはいきませんが、ハイクオリティーなクラスの家具を使用しているので負担は高額になる場合もあります。

 

★保険、保証などはないの?

サービスアパートメントの家具・家電はハイクオリティーなものを使用しているため高額ですが、保険や保証などは各サービスアパートメントによってまちまちです。
普通に生活していれば買い換えるほどの破損は少ないことが予想されることや、補修スタッフが待機しており軽微な破損であれば対応できることも要因と言えます。

 

★通常の使用で問題になることは少ない

サービスアパートメントに入居の際はスタッフとともに隅々まで念入りにチェックすることが大切です。
特に、家電の動作が正常かどうかは重大なチェックポイントと言えます。
また、もし通常の使用で不具合がでても補修スタッフが控えているので軽微なものであれば心配はないでしょう。
基準はサービスアパートメントによって様々ですので、入居の際に確認することが必要です。
また、入居のマナーとして丁寧に扱うことも大切ですね。