Image of businesswoman leader looking at camera in working environment

 

サービスアパートメントはハイクオリティーなサービスを受けることのできる高級賃貸物件です。
家賃も1ヶ月で数十万から200万ほどと高額なものが多く見られます。
一体誰が利用しているのでしょうか?利者の多くは地方から来る長期出張のビジネスマンや、弁護士などが多いようです。
また、海外から日本へ赴任してくる駐在員たちの利用も多く見られます。
今回は外国人OKなサービスアパートメントについてお伝えします。

 

★外国人でも借りられるの?

日本の賃貸物件を借りる際には外国人だと難しい場合もあります。
しかしサービスアパートメントでは、その心配はありません。
多くの外国人を受け入れている実績や、それに対応するサービス、満足していただけるクオリティーがあります。
入居手続きも日本語がわからない方でも、バイリンガルスタッフが対応し、問題なく手続きしていただけるでしょう。

 

★英語OKなの?

サービスアパートメントの特徴的なサービスの一つにフロントサービスが挙げられますが、こちらが英語OKな場合が多いです。
外国人のお客様の要望をお伺いするためバイリンガルスタッフを配置し、対応にあたります。
また、24時間ヘルプデスクを設けているサービスアパートメントもあり、こちらも英語OKであることが多いです。

 

★英語以外はOK?

世界中で一番使われている言語が英語であり、これに対応できるサービスアパートメントは多数あります。
その他の言語であれば、スペイン語や中国語となりますが、対応物件はあまり多くありません。
しかし一部では、スペイン語や中国語に加え、ヒンドゥー語やスゥエーデン語に対応したスタッフを配置しているサービスアパートメントも見られます。
日本に駐在するビジネスマンからの要望の声が大きければ今後発展していくサービスとなるでしょう。

 

★外国人でもOK!

サービスアパートメントの利用者の多くは外国人のお客様です。
アメリカやヨーロッパはもとより、最近では中国やシンガポール、インドなどのアジア圏のお客様も増えています。
いらっしゃる多国籍なお客様に対応できるようサービスアパートメントのサービスも日々進化していると言えます。
もちろん日本人であっても変わらぬホスピタリティーで対応してくれますので、一度は利用してみたいですね。