()
 

ハイレベルなマンスリーマンションとして、日本だけではなく世界各国で広がりを見せている【サービスアパートメント】。

日本を訪れる多くの外国人観光客やビジネスマンなどがサービスアパートメントを利用していますし、反対に海外へ行く多くの日本人も利用しています。

しかしながら、サービスアパートメントについてよく分からないという人も多いはず!

そこで今回は、知っておきたい【サービスアパートメントのメリット・デメリット】について、お話していきます。きちんと知った上で、利用していきましょう。

 

★サービスアパートメントのメリットとは?

 

はじめに、サービスアパートメントのメリットについてお話していきます。一緒に確認していきましょう。

 

メリット1、敷金・礼金・保証人が必要ない

 

一般的な賃貸物件を借りるときには、契約時に敷金・礼金・数ヵ月分の家賃を支払い、保証人を立てると思います。
ごく一般的な流れではありますが、年単位の契約ではなく長期出張時のように数ヵ月単位の契約の場合は、その度に面倒だと感じてしまうかもしれません。

しかしながら、サービスアパートメントは契約時に【敷金・礼金・保証人が必要ない】ので、気軽に借りることができるのです。

賃貸との比較をしてみると、あまりに簡単な契約手続きに驚いてしまうかもしれませんね。

 

メリット2、家賃が無駄にならない

 

サービスアパートメントは、ご希望の期間で借りることができるので、家賃が無駄になりません。
また家具付きの賃貸物件となっているので、余計な出費も抑えることができるのです。

 

★サービスアパートメントのデメリットは?

 

サービスアパートメントは、正直に申し上げて物件数に限りがあります。
ですから、場所によっては契約するのも難しい時がありますし、どうしても家賃が高くなってしまうのです。

 

以上、今回はサービスアパートメントのメリット・デメリットについてお話しました。
いかがでしたか?敷金・礼金・保証人が不必要で、契約手続きが簡単というメリットがある反面、物件数が少ないために家賃が割高になるというデメリットもあるようです。

きちんと考えた上で、サービスアパートメントを契約していきましょう。