Month5月 2015

優雅な生活!一度は泊まってみたいサービスアパートメント

リビングルームイメージ シンプル家具なし

 

サービスアパートメントの室内は入居日から快適に生活できる日用品はもとより、ハイグレードな家具・家電も用意されている贅沢な空間です。
ホテルのようなサービスやジムなどの施設もあり優雅な生活をおくることが可能です。
家賃のことを考えると何年もは無理だが、1ヶ月くらい自分へのご褒美として泊まってみたいものですね。
今回はサービスアパートメントの優雅な暮らしについてお伝えしたいと思います。

 

★室内はスイートルームのよう

サービスアパートメントの室内は、高い天井や大きな窓で開放的な空間となっており、使われている家具・家電は高級なグレードのものを使用しています。
統一されたファブリックや質の高い家具で、さながらスイートルームのような贅沢な空間があなたのものになり、優雅にくつろぐことができるでしょう。
高層階を選べば夜景を独占することも可能です。

 

★ホテルのようなサービス

サービスアパートメントにはフロントがついており、コンシェルジュがあなたのヘルプをしてくれます。
タクシーの手配や地域の情報、観劇などのチケットの手配を引き受け、完璧に仕事をこなしてくれる姿はあなたの秘書のような存在といえるでしょう。
また、清掃サービスが週に1~3回ついており掃除の負担も自宅よりぐんと減りますね。
通常の物件では味わえない秘書とハウスキーピングのいる贅沢な暮らしがサービスアパートメントにはあります。

 

★ジムやラウンジがついている

施設は各サービスアパートメントによって異なりますが、入居者が快適に暮らせるよう様々なものが用意されている場合が多いといえます。
例えば、高層階にジムやサウナがついていて外に出なくても汗を流すことができ、ラウンジで語らい仕事の疲れを和らげるなんて優雅な生活も物件によっては可能です。
その他には、ビジネスマンのための会議室やライブラリーが用意されている物件も見られます。

 

★快適に過ごせるサービスアパートメント

ホテルのようなホスピタリティーと、高級物件のような室内を併せ持つサービスアパートメントは誰もが憧れる贅沢な物件で、様々なサービスもついており、一度利用するともう元の生活に戻れないのではないかと思うほどの快適な生活です。
サービスに比例し家賃は高額ですが、自分へのご褒美として一度くらい利用してみたいですね。

 

ホテルよりも安価でハイグレードなサービアパートメントは、ネットで探すのが便利です。
ホテルのようなサービスの付いたウィークリーマンションはここがオススメです。

借りるのに身分証などは必要なの?

asian businesswomen working in the office

 

サービスアパートメントとは、ホテルのフロントサービスや清掃サービスがあり、室内にはグレードの高い家具・家電などの日常生活をおくるのに必要な設備が用意されている賃貸物件で、短期滞在型という特徴があります。
サービスアパートメントのもう一つの特徴はサービスや設備のグレードの高さにあります。
そんな高級物件を借りるのは誰でも大丈夫か気になるところですね。また入居に際に必要な手続きなどもあわせてお伝えしたいと思います。

 

★サービスアパートメントは誰でも借りれるのか?

サービスアパートメントは地方からやってくる長期出張者や外国からの利用者など、様々なお客様を受け入れる事が可能です。
支払い能力が認められ、トラブルを起こすような方でなければ基本的に問題がないといえるでしょう。
入居申し込みの前には審査を行うサービスアパートメントもあり、セキュリティーの面でも対策をしているので、安心して生活をおくることが可能です。

 

★借りるのに必要なものは何か?

サービスアパートメントを契約する際には、身分証明書を求められます。
サービスアパートメントによって異なりますが、健康保険証や免許書などでOKで特別なものは必要ありません。
外国からやってくる利用者の場合は、パスポートや、滞在が長期に渡る場合はビザの提示、クレジットカードなどが必要となります。

 

★入居までの流れは?

入居までの一般的な流れは、まずはインターネットなどで希望の物件を選び、不動産会社に連絡します。
その後、希望の部屋や期間を伝えて調整を行い、身分証明書や入居申込書の提出をします。
それを受けた不動産会社が審査を行い、問題なければ契約書を記入し家賃などを入金して契約完了となります。
サービスアパートメントによって手順は異なりますので、希望の物件を管理する不動産会社で確認することをおすすめします。

 

★借りるのに特別な資格はいりません

サービスアパートメントはホテルのスイートルーム並みの雰囲気とサービスを備えたハイグレードな賃貸物件ですが、借りるのにこれといった特別な資格などは必要ありません。
通常の賃貸と同じように支払い能力が認められ、特にトラブルをおこす風でなければ問題ないといえるでしょう。

利用者はどんな人が多いの?

portrait of asian businesswomen

 

サービスアパートメントとは、ホテルの並みに充実した施設やサービスがあり、スイートルームのような広さの室内にはラグジュアリーな家具・家電が備え付けられている短期滞在型の賃貸物件です。
サービスや施設の質は非常に高く、それに伴い利用者の満足度が非常に高いのが特徴ですが、家賃も一ヶ月に数十万と高額になることが多く簡単には手が出ません。
実際にはどのような利用者に需要があるのでしょうか?
用途も含めて、見ていきたいと思います。

 

★サービスアパートメントの家賃はどのようなのか?

サービスアパートメントの家賃相場は1㎡あたり1万円前後が相場となっており、一ヶ月20万円程から物件を探すことが可能で、広いものになると100㎡を超す物件も珍しくありません。
家賃には光熱費やジムなどの施設使用料のほか、清掃サービスといったものも含まれています。
ホテルのスイートルームに一ヶ月泊まり続けるのと、変わらないサービスと自宅のようなくつろぎが得られると思えばこの価格にも、納得できるのではないでしょうか?

 

★利用者の半分以上は海外からの利用者

利用者の多くは海外からやってくるビジネスマンなどの駐在者や、長期旅行で訪れる富裕層が多くなっています。
比率は各サービスアパートメントによって異なりますが半分以上を占めている物件も少なくありません。
海外からの短期利用だとホテル以外の選択肢が少ないことや、企業がセキュリティー面での安心や、異国でも快適に過ごせるようビジネスマンにサービスアパートメントを提供するケースが多くこのような比率になります。

 

★日本人の利用者はどんな人?

日本人の利用で多いのが、中長期の出張でやってくるビジネスマンや、経営者、弁護士などです。
ビジネスマンは会社からの負担もあるので、気軽に利用するケースもあります。なれない土地で仕事をするなら快適な生活空間は必需品といえるでしょう。
また家の建て替えなどの間、家族で利用するといった利用法や、都心の生活を味わってみたい方の利用もあります。

 

★サービスアパートメントの需要

サービスアパートメントはハイクオリティーなサービスと施設で高い満足度を誇り、家賃もそれに伴い高額となりますが利用者は多く、海外からの需要も高い物件です。
日本人も様々な用途で利用しており、これからが楽しみなサービスといえます。

 

★サービスアパートメントの体験

部屋とサービスが高品質のサービスアパートメント、サービスアパートメントをウィークリーマンションで体験するには全国をカバーしキャンペーン情報や検査機能の高いここがオススメです。

光熱費は料金に含まれているのか?

ウッディなリビングダイニング横位置−6

 

サービスアパートメントとは家具・家電の付いている短期滞在型の賃貸物件で、ホテル並みのサービスや、高いホスピタリティー、マンスリーマンションにはないクオリティーの高い設備が特徴です。
家賃はクオリティー通り少々値が張りますが、施設使用料や光熱費、水道代はどのようになっているのでしょうか?
今回は、あまり知られていないサービスアパートメントの費用についてお伝えしていきたいと思います!

 

★光熱費はいつ払うの?

サービスアパートメントでは電気代や水道代などの光熱費は、毎月の家賃に含まれていることがほとんどです。
水道を出しっぱなしにするなど、通常の使用の域を超える場合には超過を支払う場合もありますが、通常の使用であればそのようなことはありません。
また、含まれているといっても、地球にやさしい生活を心がけたいですね。

 

★計測はいつなの?

サービスアパートメントの家賃に含まれているので、入居時にチェックしてひと月ごとに更新といったスタイルが重になります。
各サービスアパートメントによって方式が異なりますので、もし気になるようでしたら、入居前に相談されることをおすすめします。

 

★その他の施設の使用料は?

サービスアパートメントには、ジムやサウナ、ライブラリーなどの施設があるものがあります。
その使用料も大抵の場合は家賃に含まれています。
しかし、一回ごとや月ごとに使用料を払う場合がありますので、入居時に確認が必要です。
また、ビジネスマンの利用が多い物件では会議室やワークスペースなどの用意がある場合があります。
これらは使用料が必要な場合が多いので注意が必要ですね。

 

★サービスアパートメントの家賃に含まれているものは

サービスアパートメントの家賃は決して安いとは言いがたいものです。
しかし、便利な立地や、クオリティーの高いサービス、一流ホテル並みの設備を使用できることや、電気代・水道代などの光熱費が含まれていることを考えれば一概に高額だとは言えないのではないでしょうか?
利用者は中長期出張のビジネスマンや、世界からやって来る駐在者が多く高い満足度を誇るサービスアパートメント、一度は検討してみることをおすすめします。

海外ではすでに人気のサービスアパートメント

New York Skyline at sunset

 

サービスアパートメントとは短期から利用可能な家具付き賃貸物件です。
日本では馴染みが薄いですが、海外では一般的な選択肢として知られており、なれない土地でもついたその日から快適に生活する事が可能で、旅行者や長期出張者に人気です。
ホテルのようなサービスと、充実した設備で現地に溶け込んだ生活を楽しめる海外のサービスアパートメントの現在の状況についてお伝えしたいと思います。

 

★サービスアパートメントとは?

ホテルのサービスとホスピタリティーを持ち、スイートルーム並みの広さと家具・家電、洗濯機やキッチンも付いているため慣れない土地でも安心して、ついたその日から生活することが可能な短期賃貸物件です。
ホテルに滞在するのと同等のサービスクオリティーで費用を抑えて滞在することが可能で、プールやジムなどの施設が充実していることも多く、中長期の旅行者や出張者が人気です。

 

★どこにあるの?

東南アジアや、中国をはじめアメリカやヨーロッパにも存在します。
主に人口の多い都市の主要路線沿いに見られますが、リゾート地で長期滞在するための物件が発達している地域もあります。
日本人の利用が特に多いのはタイやマレーシアなどの東南アジアで、リタイアした中高年が海外生活を楽しむための利用や、駐在員などの利用が多いと言えます。

 

★サービス内容は?

ホテル並みのサービスとホスピタリティーをもつサービスアパートメントですが、具体的なサービス内容としてはフロントにはコンシェルジュがおり、現地の言葉がわからなくても英語や、物件によっては日本語で入居者をサポートします。
日本人に特化した物件では日本のテレビを視聴でき、日本語の新聞もロビーに用意されています。
朝食サービスや、wifiサービスなどもあり滞在中は快適に過ごすことが可能です。

 

★滞在するには?

インターネットで「地名 サービスアパートメント」と入力すると簡単に検索可能ですので、レビューなどを参考に物件を選びましょう。
英語の得意な方であれば、英語で検索したほうが割安な料金で滞在できる場合もありますのでお試しください。
また、家賃は中心から離れるほど安くなる傾向にありますので、まずは現地の地理からチェックすることが必要といえるでしょう。

サービスアパートメントとホテルなどの違い

マンション

 

サービスアパートメントは1ヶ月の短期から借りることのできる、ホテルのようなサービスをもつ家具付きタイプの賃貸物件です。
短期から借りることの出来る物件といえば、ウィークリー・マンスリーマンションを思い浮かべる方もいらっしゃいますが違いは何でしょうか?
また、ホテルとの違いはどのような点にあるのでしょうか?今回はサービスアパートメントとの違いをお伝えしていきます!

 

★ウィークリー・マンスリーマンションとの違いは?

ウィークリー・マンスリーマンションとサービスアパートメントの基本サービスは、短期で借りることのできる家具付き賃貸物件で同じです。
違いの一つは、ウィークリー・マンスリーマンションのほうがより短期の申し込みに対応可能な場合が多い点です。
また最大の違いは、サービスアパートメントではホテルのようなフロントサービスや備え付けの家具のランクが高くハイグレードなマンスリーマンションである点にあります。

 

★ホテルとの違いは?

ホテルとの違いは、一室あたりの家賃で計算するため友人とのルームシェアや家族で滞在する際にはお得である点や、友人を招くことも容易な点です。
また、部屋は洗濯機やキッチンなど普通の生活を営むための設備があるので自身でこなすことも、サービスを活用して済ますことも可能です。
ホテルでは様々な方が短期で利用するため、不特定多数の出入りがありますが、サービスアパートメントでは入居者以外の出入りがほとんど無いためセキュリティーの面も安心と言えます。

 

★サービスアパートメントの基本サービスとは?

サービスアパートメントとは、2週間から1ヶ月ほどの短期で利用することができる短期賃貸物件です。
部屋はワンルームから3LDKのものまで様々ですが、広い作りになっていることが多く、家具や家電、食器やアメニティーなどの生活必需品が揃っているので、入居者はトランク1つで生活可能な空間を提供します。
フロントサービスやバイリンガルスタッフによるコンシェルジュなどハイクオリティなサービスも特徴の一つです。

 

★長期ホテルで過ごすなら

ホテル並みのサービスでありながら、ハイクオリティな空間を自宅のように使えるサービスアパートメントは長期出張者や旅行者に嬉しいサービスと言えます。
ウィークリーマンションのサービスアパートメントは検索機能の充実したここで探すのが便利です。
長期でどこかに滞在する予定があるなら、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

日用品は何から何まで用意してあるのか

IH調理器

 

ホテルのようなサービスと、ホスピタリティーで入居者を迎えてくれるサービスアパートメントの室内には、家具家電などの日用品が準備されており、入居者はトランク1つで入居したその日から快適に過ごせます。
とは、聞いても洗面用品などの用意もあるのか?など、何が用意されているのか疑問はつきませんね。
今回はサービスアパートメントに用意してあるものにスポットをあててお伝えしたいと思います!

 

★食器類の用意は?

各部屋には基本的な食器類が用意されています。
コップやお皿、お箸類など簡単なものが主流です。
生活していく上でそれ以上が必要な場合は、気に入ったものを購入することが必要となります。
また、サービスアパートメントによっては別料金が必要ですが、用意がある場合もありますので問い合わせてみるのもいいでしょう。
しばらく暮らすのであれば、気に入ったものを揃えるのもいいかもしれませんね。

 

★タオルや洗面用具の用意は?

この疑問はホテルのサービスを思い浮かべていただければわかりやすいのではないでしょうか?
タオル類は用意されており、週に何度か行われる清掃サービスの際に交換されます。
洗面用具に関しては、シャンプーなどが備えられているサービスアパートメントと初回のみアメニティーがありそれ以降は、入居者自身で購入するといったサービスアパートメントが有ります。

 

★電球やトイレットペーパーの用意は?

電球などの電化製品に関する消耗品は、サービスアパートメントが負担する場合がほとんどです。
トイレットペーパーは清掃時に交換してくれるサービスアパートメントと、備え付けがなくなったら次は入居者が購入する必要があるサービスアパートメントと様々ですので、確認することをおすすめします。
また、忙しく購入が難しい場合にはコンシェルジュに相談するのも解決策の一つですね!

 

★大抵のものは用意されている

サービスアパートメントの宣伝文には、「トランクひとつで入居可能」というものがあり、日用品を買い込まなくてもスムーズに生活を始めることが出来ます。
消耗品などの負担がどちらかなどは、各サービスアパートメントによって異なりますので入居前に確認することをおすすめします。

洗濯や家事などもストレスない!

ボディケアをする女性

 

ハイグレードなサービスとホスピタリティーで人気のサービスアパートメントは海外では一般的な存在であり、近年では日本でもその存在感を発揮しつつあります。
ホテル並みのフロントサービスや、ジムやサウナなどの施設があり、家具や調度品もラグジュアリーなものをセレクトしてあり入居者の満足度も非常に高いサービスアパートメントの人気の秘密は何でしょうか?
今回はサービスの部分にスポットをあててお伝えしたいと思います!

 

★洗濯もストレスなし!

サービスアパートメントの各部屋には家具・家電が備え付けられております。
その中にはもちろん洗濯機も含まれており、いつでも好きなときに洗濯をすることが可能です。
滞在先での洗濯は、悩みのタネになりやすい存在ですが、サービスアパートメントではその限りではあリません。
また、フロントではランドリーサービスを受け付けているので、シャツなどはランドリーサービスを頼み、下着などは洗濯機を使うなど使い分けも可能です。

 

★家事もストレスなし!

サービスアパートメントの基本サービスにハウスクリーニングがあります。
週1~3回ほどは無料でそれ以上ですと有料サービスとなるところが多いです。
室内の清掃やリネン類の取替をするといった内容ですが、忙しいビジネスマンには嬉しいサービスと言えるでしょう。
また、朝食サービスが付いているサービスアパートメントもあり、こちらも買いに行く手間もいらずストレスフリーな生活をおくることが可能です。

 

★疑問も解決でストレスなし!

サービスアパートメントのフロントデスクにはコンシェルジュが駐在しています。
滞在先の近隣情報を提供してくれたり、タクシーを呼ぶなどの細々とした希望や要件に答えてくれます。
外国からの滞在者が多い物件ですと、日本語でピザの注文が出来ないため代行するといった例もあります。
勝手の分からない滞在先で入居者の疑問や問題を解決してくれるコンシェルジュの存在は頼もしく、手放せないサービスと言えるでしょう。

 

★魅力的なサービスアパートメンドでストレスなし!

設備もハイグレードですが、サービスも引けをとらない最高のものを提供しているサービスアパートメントではストレスフリーな生活が可能です。
サービスの内容は各サービスアパートメントによって異なるのでまずは問い合わせてみることをおすすめします。

最短いつから最長いつまで借りれるの?

スーツを着た男性

 

サービスアパートメントとは、簡単に言ってしまえば高級はウイークリーマンションです。
ホテル並みのサービスや、ラグジュアリーな雰囲気でエグゼクティブなビジネスマンなどからの需要が絶えません。
通常の賃貸とは違い、短い期間での契約が可能なサービスアパートメントですが、実際はどのくらいの期間で入居することができるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

★借りられる期間は?

サービスアパートメントの入居可能期間は、たいてい1ヶ月から1年と書かれており、1ヶ月を超えると日単位で契約することができ、無駄がありません。
サービスアパートメントによっては2週間から入居可能な物件もあります。
また、基本的に1年を超すようですと通常物件を選んだほうが毎月の負担は減りますが、同じ物件にもう4年も住んでらっしゃる方もいますので、不動産会社との契約によるところが大きいといえるでしょう。

 

★頭金は必要?

サービスアパートメントによって入居に必要な手続きは変わってきます。
頭金を入金後契約成立となる場合が多いです。
また、3ヶ月以上で1ヶ月分のデポジットが必要であるサービスアパートメントもありますが、デポジットは退去時に問題がなければ返却されます。
頭金の代わりにクレジットカードの提示や、仮決済を求めるサービスアパートメントもあります。

 

★継続は可能?

最初に申告した予定が変わり、延長を希望するときの手続きはどうするのでしょうか?
たいていのサービスアパートメントでは2週間前までに変更を伝えることが必要となります。
ただし、その部屋に次の入居者が決まっている場合には変更が難しい場合もあり、その際には部屋や施設を移動こともありますので、変更になりそうな場合はなるべく早い段階でスタッフに相談することをおすすめします。

 

★お好みの期間をお過ごしください

ホテルのようなサービスと自宅のようなくつろぎを兼ね備えた注目の物件、サービスアパートメントの利用可能期間についてお伝えしました。
最短期間も延長期間も、サービスアパートメントによって様々ですので必ず確認が必要です。
1ヶ月から1年といった大まかな期間は決まっていますが、臨機応変な対応が可能なサービスアパートメントも多くまずは相談してみることをおすすめします。

中長期出張で利用に最適

空を見上げるビジネスマン

 

中長期出張で自宅を離れたビジネスマンはゆっくり休みたいと願っていますが、なんとなくホテルは嫌だとおっしゃる方も少なくありません。そんな中長期出張で悩みの種となる宿泊施設において、最近人気なのがサービスアパートメントです。サービスアパートメントとは、ホテルのようなホスピタリティーとサービスに加え、自宅のようにくつろげる空間を有した短期利用のための賃貸物件ですが、具体的にはどのような施設なのでしょうか?詳しく見て行きましょう。

 

★ホテルとの違い

サービスアパートメントとでは、室内はホテルのスイートルーム並みに広く、家具家電や食器類などが用意されており自宅のようにゆったりくつろぐことが可能です。また、入居者も中長期のスパンで利用しますので不特定多数が出入りすることもなく、セキュリティー面でも安心です。また、ホテルのサービスやホスピタリティーはそのまま残されており、ホテルと賃貸物件のいいとこ取りといった使用感です。

 

★ホテル並みのサービス

サービスアパートメントでは、ホテルのサービスやホスピタリティーはそのままに入居者に提供しています。エントランスにはフロントデスクがあり、物件によっては24時間コンシェルジュが駐在しており、室内の清掃サービスやリネンの取替も行われ、忙しいビジネスマンには嬉しいサービスではないでしょうか。また、朝食サービスを行っているサービスアパートメントもありホテル並みに至れり尽くせりのサービスとなっています。

 

★施設はどうなの?

サービスアパートメントによって様々ですが、施設は充実している傾向にあります。ビジネスマンが多く入居するサービスアパートメントでは、会議室やライブラリーなどの用意がある場合があります。また、ジムやサウナラウンジといったリフレッシュできる施設に力を入れているサービスアパートメントもあります。有料の施設もありますが、多くは家賃に利用料が含まれており自由に使用することが可能です。

 

★くつろぎの空間

サービスアパートメントでは、ホテルのような充実した施設とサービスの中、自宅のようなくつろぎが入居したその日から味わえます。忙しいビジネスマンに必要な細かい部分にも気遣いを忘れず、万全の体制で中長期出張者を支えてくれるサービスアパートメント、中長期出張の予定があるなら検討することをおすすめします。