Authorfarm7

洗濯や家事などもストレスない!

ボディケアをする女性

 

ハイグレードなサービスとホスピタリティーで人気のサービスアパートメントは海外では一般的な存在であり、近年では日本でもその存在感を発揮しつつあります。
ホテル並みのフロントサービスや、ジムやサウナなどの施設があり、家具や調度品もラグジュアリーなものをセレクトしてあり入居者の満足度も非常に高いサービスアパートメントの人気の秘密は何でしょうか?
今回はサービスの部分にスポットをあててお伝えしたいと思います!

 

★洗濯もストレスなし!

サービスアパートメントの各部屋には家具・家電が備え付けられております。
その中にはもちろん洗濯機も含まれており、いつでも好きなときに洗濯をすることが可能です。
滞在先での洗濯は、悩みのタネになりやすい存在ですが、サービスアパートメントではその限りではあリません。
また、フロントではランドリーサービスを受け付けているので、シャツなどはランドリーサービスを頼み、下着などは洗濯機を使うなど使い分けも可能です。

 

★家事もストレスなし!

サービスアパートメントの基本サービスにハウスクリーニングがあります。
週1~3回ほどは無料でそれ以上ですと有料サービスとなるところが多いです。
室内の清掃やリネン類の取替をするといった内容ですが、忙しいビジネスマンには嬉しいサービスと言えるでしょう。
また、朝食サービスが付いているサービスアパートメントもあり、こちらも買いに行く手間もいらずストレスフリーな生活をおくることが可能です。

 

★疑問も解決でストレスなし!

サービスアパートメントのフロントデスクにはコンシェルジュが駐在しています。
滞在先の近隣情報を提供してくれたり、タクシーを呼ぶなどの細々とした希望や要件に答えてくれます。
外国からの滞在者が多い物件ですと、日本語でピザの注文が出来ないため代行するといった例もあります。
勝手の分からない滞在先で入居者の疑問や問題を解決してくれるコンシェルジュの存在は頼もしく、手放せないサービスと言えるでしょう。

 

★魅力的なサービスアパートメンドでストレスなし!

設備もハイグレードですが、サービスも引けをとらない最高のものを提供しているサービスアパートメントではストレスフリーな生活が可能です。
サービスの内容は各サービスアパートメントによって異なるのでまずは問い合わせてみることをおすすめします。

最短いつから最長いつまで借りれるの?

スーツを着た男性

 

サービスアパートメントとは、簡単に言ってしまえば高級はウイークリーマンションです。
ホテル並みのサービスや、ラグジュアリーな雰囲気でエグゼクティブなビジネスマンなどからの需要が絶えません。
通常の賃貸とは違い、短い期間での契約が可能なサービスアパートメントですが、実際はどのくらいの期間で入居することができるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

★借りられる期間は?

サービスアパートメントの入居可能期間は、たいてい1ヶ月から1年と書かれており、1ヶ月を超えると日単位で契約することができ、無駄がありません。
サービスアパートメントによっては2週間から入居可能な物件もあります。
また、基本的に1年を超すようですと通常物件を選んだほうが毎月の負担は減りますが、同じ物件にもう4年も住んでらっしゃる方もいますので、不動産会社との契約によるところが大きいといえるでしょう。

 

★頭金は必要?

サービスアパートメントによって入居に必要な手続きは変わってきます。
頭金を入金後契約成立となる場合が多いです。
また、3ヶ月以上で1ヶ月分のデポジットが必要であるサービスアパートメントもありますが、デポジットは退去時に問題がなければ返却されます。
頭金の代わりにクレジットカードの提示や、仮決済を求めるサービスアパートメントもあります。

 

★継続は可能?

最初に申告した予定が変わり、延長を希望するときの手続きはどうするのでしょうか?
たいていのサービスアパートメントでは2週間前までに変更を伝えることが必要となります。
ただし、その部屋に次の入居者が決まっている場合には変更が難しい場合もあり、その際には部屋や施設を移動こともありますので、変更になりそうな場合はなるべく早い段階でスタッフに相談することをおすすめします。

 

★お好みの期間をお過ごしください

ホテルのようなサービスと自宅のようなくつろぎを兼ね備えた注目の物件、サービスアパートメントの利用可能期間についてお伝えしました。
最短期間も延長期間も、サービスアパートメントによって様々ですので必ず確認が必要です。
1ヶ月から1年といった大まかな期間は決まっていますが、臨機応変な対応が可能なサービスアパートメントも多くまずは相談してみることをおすすめします。

中長期出張で利用に最適

空を見上げるビジネスマン

 

中長期出張で自宅を離れたビジネスマンはゆっくり休みたいと願っていますが、なんとなくホテルは嫌だとおっしゃる方も少なくありません。そんな中長期出張で悩みの種となる宿泊施設において、最近人気なのがサービスアパートメントです。サービスアパートメントとは、ホテルのようなホスピタリティーとサービスに加え、自宅のようにくつろげる空間を有した短期利用のための賃貸物件ですが、具体的にはどのような施設なのでしょうか?詳しく見て行きましょう。

 

★ホテルとの違い

サービスアパートメントとでは、室内はホテルのスイートルーム並みに広く、家具家電や食器類などが用意されており自宅のようにゆったりくつろぐことが可能です。また、入居者も中長期のスパンで利用しますので不特定多数が出入りすることもなく、セキュリティー面でも安心です。また、ホテルのサービスやホスピタリティーはそのまま残されており、ホテルと賃貸物件のいいとこ取りといった使用感です。

 

★ホテル並みのサービス

サービスアパートメントでは、ホテルのサービスやホスピタリティーはそのままに入居者に提供しています。エントランスにはフロントデスクがあり、物件によっては24時間コンシェルジュが駐在しており、室内の清掃サービスやリネンの取替も行われ、忙しいビジネスマンには嬉しいサービスではないでしょうか。また、朝食サービスを行っているサービスアパートメントもありホテル並みに至れり尽くせりのサービスとなっています。

 

★施設はどうなの?

サービスアパートメントによって様々ですが、施設は充実している傾向にあります。ビジネスマンが多く入居するサービスアパートメントでは、会議室やライブラリーなどの用意がある場合があります。また、ジムやサウナラウンジといったリフレッシュできる施設に力を入れているサービスアパートメントもあります。有料の施設もありますが、多くは家賃に利用料が含まれており自由に使用することが可能です。

 

★くつろぎの空間

サービスアパートメントでは、ホテルのような充実した施設とサービスの中、自宅のようなくつろぎが入居したその日から味わえます。忙しいビジネスマンに必要な細かい部分にも気遣いを忘れず、万全の体制で中長期出張者を支えてくれるサービスアパートメント、中長期出張の予定があるなら検討することをおすすめします。

家具が壊れちゃった場合の保証はあるの?

コンパクトな対面式L型キッチン 施工例

 

ハイクオリティーなサービスや、ラグジュアリーな家具・家電が備え付けられており高い満足度を得られるサービスアパートメントは、近年日本でもその存在感を増しています。
1ヶ月ほどの短期からの入居が可能でビジネスマンや、長期旅行の際にも便利な物件ですが、生活していく過程で、家具・家電が破損してしまう事態がないとは限りません。
その際はどのような保証などがあるのかみていきましょう。

 

★入居の際にはチェックを

通常の賃貸物件でもそうですが、入居時にはスタッフとともに現状を確認します。
その際に、入居時点での破損箇所を一緒に確認し、お互い合意の上で書類を作成します。
これ以降の破損は入居者の責任となりますので、注意が必要ですね。
チェックポイントは、家電はすべて正しく稼働するかや、家具のキズ、天井やクロスのシミや、床にキズが付いていないかなどになります。

 

★入居中に家具や家電が壊れたら?

入居中に家具や家電が破損してしまったら、まずフロントに申し出ましょう。
軽微なものであれば、補修スタッフが整備します。
それでは追いつかない大きな破損や、買い替えが必要な場合には入居者にも負担金がある場合があります。
経年劣化などを考慮し全額とはいきませんが、ハイクオリティーなクラスの家具を使用しているので負担は高額になる場合もあります。

 

★保険、保証などはないの?

サービスアパートメントの家具・家電はハイクオリティーなものを使用しているため高額ですが、保険や保証などは各サービスアパートメントによってまちまちです。
普通に生活していれば買い換えるほどの破損は少ないことが予想されることや、補修スタッフが待機しており軽微な破損であれば対応できることも要因と言えます。

 

★通常の使用で問題になることは少ない

サービスアパートメントに入居の際はスタッフとともに隅々まで念入りにチェックすることが大切です。
特に、家電の動作が正常かどうかは重大なチェックポイントと言えます。
また、もし通常の使用で不具合がでても補修スタッフが控えているので軽微なものであれば心配はないでしょう。
基準はサービスアパートメントによって様々ですので、入居の際に確認することが必要です。
また、入居のマナーとして丁寧に扱うことも大切ですね。

外国人も借りれるサービスアパートメント

Image of businesswoman leader looking at camera in working environment

 

サービスアパートメントはハイクオリティーなサービスを受けることのできる高級賃貸物件です。
家賃も1ヶ月で数十万から200万ほどと高額なものが多く見られます。
一体誰が利用しているのでしょうか?利者の多くは地方から来る長期出張のビジネスマンや、弁護士などが多いようです。
また、海外から日本へ赴任してくる駐在員たちの利用も多く見られます。
今回は外国人OKなサービスアパートメントについてお伝えします。

 

★外国人でも借りられるの?

日本の賃貸物件を借りる際には外国人だと難しい場合もあります。
しかしサービスアパートメントでは、その心配はありません。
多くの外国人を受け入れている実績や、それに対応するサービス、満足していただけるクオリティーがあります。
入居手続きも日本語がわからない方でも、バイリンガルスタッフが対応し、問題なく手続きしていただけるでしょう。

 

★英語OKなの?

サービスアパートメントの特徴的なサービスの一つにフロントサービスが挙げられますが、こちらが英語OKな場合が多いです。
外国人のお客様の要望をお伺いするためバイリンガルスタッフを配置し、対応にあたります。
また、24時間ヘルプデスクを設けているサービスアパートメントもあり、こちらも英語OKであることが多いです。

 

★英語以外はOK?

世界中で一番使われている言語が英語であり、これに対応できるサービスアパートメントは多数あります。
その他の言語であれば、スペイン語や中国語となりますが、対応物件はあまり多くありません。
しかし一部では、スペイン語や中国語に加え、ヒンドゥー語やスゥエーデン語に対応したスタッフを配置しているサービスアパートメントも見られます。
日本に駐在するビジネスマンからの要望の声が大きければ今後発展していくサービスとなるでしょう。

 

★外国人でもOK!

サービスアパートメントの利用者の多くは外国人のお客様です。
アメリカやヨーロッパはもとより、最近では中国やシンガポール、インドなどのアジア圏のお客様も増えています。
いらっしゃる多国籍なお客様に対応できるようサービスアパートメントのサービスも日々進化していると言えます。
もちろん日本人であっても変わらぬホスピタリティーで対応してくれますので、一度は利用してみたいですね。

ジムも併設しているサービスアパートメント

8ec7438b-c246-4441-9984-ab0bad249273

 

サービスアパートメントとは一ヶ月から一年ほどの間で利用者の好きな期間だけ利用することができ、部屋には家具・家電をはじめとした生活に必要なものはたいてい揃っています。
これだけ聞けば、マンスリーマンションと同じではないかと思われがちですが、最大の違いはサービスアパートメントは高級物件であることが挙げられます。
ホテル並みのサービスや、クオリティーの高い家具、ジムが併設されている場合もあり、満足度の非常に高い物件となっています。
今回は特にジムに注目してお伝えしたいと思います。

 

★料金はどうなっているの?

東京で一ヶ月ジムに通うとしたら、1万円前後の金額が必要です。
併設されているジムの料金はどのようになっているのでしょうか?
サービスアパートメントによって異なりますが、家賃に含まれていることが多いです。
その他には、月単位でジム代を払うシステム、一回単位で支払うシステムなどがありますが、入居前に確認することをおすすめします。

 

★どんな施設があるの?

サービスアパートメントによって併設されているジムの規模に差があります。
高層階にワンフロア贅沢に使っているサービスアパートメントや、いくつかのマシンが置いてあるのみのサービスアパートメントもあります。
ジムが併設されてなくても近隣に提携施設があるサービスアパートメントもあるので、記載がなくても訪ねてみるといいでしょう。

 

★その他の施設はどうなの?

こちらもサービスアパートメントによって様々ですが、サウナや大浴場、ラウンジなどが併設されている場合もあります。
各国から集まったビジネスマンが、仕事抜きで語り合える貴重な場として入居者の方のオアシスのような存在と言えます。
また、ビジネスマンが多いことから会議場やライブラリーが併設されているサービスアパートメントも人気です。

 

★金額はそれぞれですが

併設されているジムの利用料金や規模は様々ですが、各国から集まったビジネスマンが汗を流しリフレッシュする姿は変わりありません。
知らない土地へやって来たもの同士で、仲良くなることもできるかもしれませんね。
また、サービスアパートメントにはビジネスマンが必要とする施設が多く併設されており、短期で知らない土地に赴任するビジネスマンの強い味方といえますね。

家族で止まるサービスアパートメント

公園で遊ぶ家族

 

サービスアパートメントでは、1ヶ月から1年までお好きな期間を設定し借りることが可能で、通常の賃貸物件よりも臨機応変に住むことが可能です。
このサービスアパートメントに入居するのは出張などのビジネスマンが多いですが、海外からの駐在者や、家の建て替えなどで、家族で利用するケースも増えており、あまり多くはありませんが3LDKなど広い間取りの物件も存在します。
今回はあまり知られていない、家族で泊まるサービスアパートメントについてお伝えします。

 

★どんな人が利用するのか?

サービスアパートメントはビジネスマンが長期出張などでの利用が多いので、ワンルームのような間取りを最も多く見ることができます。
しかし、海外からの駐在者が家族を伴ってやってきたり、会社が借り上げ出向者がシェアして入居等の場合があります。
また、家の建て替えの僅かな期間を過ごすために入居したり、長期の旅行といった利用の仕方をする方々も多くいらっしゃいます。

 

★3LDKで家賃の相場は?

サービスアパートメントの家賃相場は、都心であれば1㎡1万円ほどです。
3LDKの広めの物件だと100㎡を超えるものもあり、家賃が1ヶ月100万円以上の物件も粗に存在します。
都心の中でも特に六本木駅周辺では家賃が高めな傾向がありますので、周辺環境や設備、交通の便などを考慮して地域を決めていくといいでしょう。

 

★子供向けの設備があるの?

特にキッズスペースがあるなどお子様向けのサービスアパートメントというのは、あまり見ることがありません。
ジムが付いている物件もありますが、基本的に小さなお子様には危険が多いと思われます。
ただ、室内の設備にはキッチンがついていますので、自宅ではなくてもいつも通りの、食生活にに気を使った暮らしをおくることが可能です。
育ち盛りのお子様にとってこれは大きなメリットと言えます。

 

★家族で過ごすラグジュアリーなひととき

サービスアパートメントはハイクオリティーなサービスで、マンスリーマンションとは一線を画す存在です。
特にお子様がいらっしゃる場合であれば、清潔やセキュリティーにこだわりを持たれる方も多いのではないでしょうか?
そういったことも踏まえ、ご家族でサービスアパートメントに入居するのも賢い選択と言えます。

ペットと一緒に泊まれるサービスアパートメント

young asian woman and dog lifestyle image

 

ホテルのようなフロントサービスや清掃サービスがありながら、不特定多数の出入りが無く、レンタルした空間には入居したその日から自宅のようなくつろぎが得られるよう様々な設備が用意されている賃貸物件、それがサービスアパートメントです。
外国ではすでに一般的なスタイルでしたが、近年日本にも増加傾向にあります。
そんな注目のサービスアパートメントではペット可物件も見ることができますが、住み心地はどのようでしょうか?
今回はペット可のサービスアパートメントに迫ってみたいと思います。

 

★どんなペットも可能なの?

ペット可のサービスアパートメントは見かけるようになりましたが、どのようなペットでも受け入れ可能なのでしょうか?
通常の賃貸物件では、ペット可であっても種類や大きさなどで断られる場合もありますが、サービスアパートメントでも大型犬や猫、爬虫類などは規制がある場合があります。
大型犬はその大きさがネックとなり、猫は家具に傷が付く可能性が多いためです。

 

★ペット可だけどキレイなのか?

ペットがいればどんなに気を使っても、毛が舞いますし、ニオイの心配もありますね。
しかしサービスアパートメントは基本的に高級物件が多くハイクオリティーなサービスを売りにしています。
室内の清掃サービスはもちろん、共有スペースにも専門のスタッフが配置されている場合がほとんどで、ペット可物件であれば通常物件以上に気を配っています。
ですが、アレルギなどがある場合は注意が必要です。

 

★ペットがいないけど泊まりたい!

ペット可とは、「ペットも宿泊が可能である」という意味でありペットがいない場合は宿泊不可といったことはありません。
条件に合うサービスアパートメントがペット可だからといって、通常の物件とかわりなく入居が可能です。
ただ、共有スペースでもすれ違う可能もありますので動物が苦手な方であればおすすめはできません。

 

★ペット可のサービスアパートメント

ペットを飼っている人にとって、長期で出かける場合にペット可のサービスアパートメントなどは嬉しいサービスですね。
最初は知らない場所で緊張しがちなペットたちも飼い主さんと一緒であれば、新しい環境にもすぐ慣れることでしょう。
また、ペット同伴の場合には家賃が割高になったり、敷金が必要な場合もありますので確認が必要です。

申し込み方法や料金の支払い方法

若いビジネスウーマン

 

ホテルのような空間とサービスで、自宅のようなくつろぎが味わえるサービスアパートメントが近年増えています。
ラグジュアリーな施設や入居のその日から便利に暮らせる設備、セキュリティー面で優れていることに加え、一ヶ月から利用できる特徴から長期出張や、海外からのビジネスマンなどの需要があり、特に都心に多く見られます。
他の賃貸物件とは勝手の違うサービスアパートメントですが、希望する場合どのような手続きが必要でしょうか?

 

★サービスアパートメントの探し方

サービスアパートメントは通常の賃貸物件と同じではなく、専用の不動産会社によって管理されていることがほとんどです。
物件を探すのに強い味方といえるのはインターネットです。
「サービスアパートメント (地域名)」で検索すれば多くの情報を手に入れることができます。
まずは地域や相場などを踏まえて、希望に近い物件をピックアップし、不動産会社に電話やメール、専用フォームなどで連絡を取ることから始めましょう。

 

★申し込み方法

不動産会社によって違ってきますが一般的な流れをご紹介しましょう。
まずは不動産会社に連絡し、空室状況などを確認や、内覧をするなどして希望に近い物件を選びます。
次に必要書類をそろえ申し込みを行い、契約書等の記入をして提出します。
期日までに家賃など必要な手数料を振込み申し込みの完了となります。
不動産会社によって様々な手続きがありますので、まずは確認してみましょう。

 

★料金の支払い方法

料金の支払方法もまちまちです。
現金や、コンビニ払い、オンライン決済を採用しているサービスアパートメントもあります。
ただ通常の賃貸物件と違い、カードで精算することができる物件が多いのが特徴です。
支払いが高額になることや安全性のため、中にはカードのみ受け付けているサービスアパートメントもありますので注意が必要です。

 

★審査が必要な場合もあります

不動産会社によって様々と言えますが、入居審査がある物件も多くあります。3日~1週間ほどの審査期間が必要な場合もありますので、申込みは余裕を持って手続きすることをおすすめします。サービスアパートメントでは通常の物件とも、ホテルとも異なる独特の手続きが必要な場合がありますのでよく確認することが大切です。

1ヶ月借りるといくらするの?

東京のビル群

 

ホテルのようなホスピタリティとサービス、我が家のようなくつろぎを得ることのできるサービスアパートメントが増えてきています。
一ヶ月からの借りることが可能で、家具・家電などがそろっており入居したその日から何不自由なく暮らせるなど使い勝手がよく、物件によってはジムや食事のサービスもあると聞くと使ってみたいけれどお値段が気になるところですね。
そこで今回は新宿駅周辺、品川駅周辺、六本木駅周辺のサービスアパートメントの家賃相場を見ていきたいと思います。

 

★新宿駅周辺の家賃相場

新宿駅には、たくさんの路線が乗り入れておりどこへ行くにもアクセスは良好です。
また、繁華街とオフィスビルが混在している賑やかな街で、サービスアパートメントを求める人にも人気のエリアです。
物件はビジネスパーソンが利用することが多いことから間取りは1ベッドルームが多く見られます。
家賃相場は、例えば40㎡で398000円など1 ㎡あたり一万円前後です。

 

★品川駅周辺の家賃相場

品川駅は都内各所へのアクセスだけでなく、羽田空港や新幹線といった日本中や世界を飛び回るための基板として利用される方も多くいらっしゃいます。
駅周辺には様々な商業施設や飲食店もあり、平日はアクセスの良さ、休日にはレストランといつでもその利便性をすることが可能です。
物件はワンルームが多く、家賃相場は1㎡1一万円前後で20㎡以下のものはほぼなく最低でも20万以上を見積もる必要があります。

 

★六本木駅周辺の家賃相場

六本木駅周辺には各国の大使館やがあり、近年ではオフィスビルも増えています。
その影響もあり、様々な国のビジネスパーソンが集まるポイントとなっています。
周辺には高級物件も多くあり、サービスアパートメントを利用する方々が納得する施設がそろっていると言えます。
家賃相場は1㎡あたり1万円を超える物件がほとんどで、他の地域より相場は高めといえるでしょう。

 

★サービスアパートメントにかかる費用

家賃には光熱費やインターネット代が含まれていることが多く、他に有料サービスを追加しない限り追加料金はかかりません。
またジムやサウナなどの施設があるサービスアパートメントもあり、その場合の使用料金は物件によって様々なので確認が必要です